【銘柄ナビ】ワークマン 7564 東証JQS

LINE証券

CodeCamp

※3/19時点で売買代金ランキング JASDAQ 2位です。(3,809,661,000円)

企業情報

ワークマン

英語社名WORKMAN CO.,LTD.
会社サイトhttp://www.workman.co.jp/
概要作業服・関連用品の専門チェーン最大手。PB商品、低価格に特色。SC出店を拡大。
業種小売業
テーマ専門店
作業服
アウトドア
プライベートブランド
フランチャイズチェーン
生活防衛
防災
スポーツ
復興関連
JPX日経400

株価・チャート

株ドラゴンより https://www.kabudragon.com/s?t=7564&x=0&y=0

業績

業績推移

決算期売上高営業益経常益最終益修正1株益1株配
2016.0349,5778,8079,9486,23376.492
2017.0352,0779,55310,7357,14287.553
2018.0356,08310,60311,8567,84496.158
2019.0366,96913,52614,7559,809120.273
予 2020.0390,50018,90020,30013,400164.236.5

財務

決算期1株
純資産
自己資本
比率
総資産自己資本剰余金有利子
負債倍率
2017.031,317.3478.268,76353,75450,8520.05
2018.031,455.1781.173,24659,37856,5340.04
2019.03820.0880.583,18366,92763,9770.02
19.04-1279.793,96274,89571,8500.02

通気収益性

決算期売上高営業益売上営業
利益率
ROEROA総資産
回転率
修正1株益
2018.0356,08310,60318.9113.8711.050.7996.1
2019.0366,96913,52620.215.5312.540.86120.2
予 2020.0390,50018,90020.8817.8914.260.96164.2

主要株主

株主名比率(%)株式数
ベイシア興業28.1523,040,000
土屋裕雅14.6612,000,000
カインズ9.647,894,000
吉田佳世7.255,930,000
大嶽惠7.255,930,000
土屋嘉雄5.564,548,000
カインズ興産3.642,976,000

銘柄研究

創業1979年11月30日の40年続く長寿企業です。

ここ数年の伸びは凄まじいです。

2017年から2年くらいで、株価は5倍になっています。

ロリポップ!レンタルサーバー
tradingviewより

週足でも上昇トレンドが続いており、とても綺麗なチャートです。

しっかり25週移動平均線にタッチしながら、上昇していますね。

現在株価は5,930円で、38億円もの売買代金です。

信用取引とその倍率はこちら。

信用取引 (単位:千株)
日付売り残買い残倍率
03/190.3822.82,742
03/135841168
03/060.11,099.30
02/282.51,026.00410
02/211.51,251.50834

ワークマンは信用売りが薄いので、倍率はあまり参考になりませんが、今回の暴落で買い残が減っていることがわかります。

堅調なビジネスと独自ブランド

ワークマンがなぜここまで伸びているのか?

それは、建設・工事・作業場などの日本内需「ワークマンplus」の存在です。

建設・工事・作業場に欠かせない装備が売っている!

法人向けワークユニフォーム G-NEXTシリーズ
公式HPより

ワークマンの軸は、「働く人向けの衣服」。

これは、BtoBのビジネスモデルに近いため一定の収入が見込めます。

どういうことかというと、仕事で使う物なので一度契約し満足度が高ければ、長期顧客として大事にしてくれる可能性があるということです。

そしてどんな時も服は必要ですから、あまり景気の影響を受けません。

売った先の会社の業績が下がっても、作業着は減りませんからね。

しかも消耗品になるので、定期的に入れ替えや修繕などといったサポートのマネタイズが可能になります。

ビジネスモデルとしては、本当に堅いです。

新しい挑戦でオシャレ若者も顧客に!

公式HPより

ごとーの友人は20代が多いのですが、最近近くのララポートに「ワークマン+」が出来たと教えてくれました。

ごとーは知らなかったのですが、機能性がとてもいいのにスタイリッシュで安いということ。

こういう情報って、ネットサーフィンしてるだけじゃ集められないですね。

実際行って、売れ感?を見てきました。大事なことです。

長年培った防水・防火・防塵・断熱などのノウハウがエンドユーザーに落ちてきます。

性能が申し分ないので、もう少し高くても買っちゃうレベルです。

ワークマン=ガテン系漢!

なんてブランドだけはもう違うみたいです。まさに二足のわらじビジネス。

デザインもどんどん良くなっていますので、今後も期待です。

ただ、株価としては上がり過ぎた感がどうしてもありますから、今回のコロ助ショックはいい調整の理由にできそうです。

素晴らしいビジネス!

いい企業はこのようにビジネスとしても良く、投資家目線でもお金が集まるのでしょう。

ごとーはそんな先見の明が欲しい。。。w

他の市場もやってます!

今回の銘柄ナビが良かったと思っていただけたら、コメント好評化リツイートお願いします!

他にも東1部、ETF、マザーズなどの銘柄も研究していきますので、見てください!

Have a great life!

CodeCamp

ポチッとお願いします!

シェアお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です