ぶつかると即死!宇宙ゴミは75万個以上!

LINE証券

CodeCamp

宇宙ゴミ(スペースデブリ)って何?

ごとーです。

スペースシャトルやロケットは、昔から「使い捨て」が全てでした。

むしろ唯一再利用しているのが、スペースXくらいです。

ということは、使い捨てたゴミ(燃料タンク、古い衛星など)は何処へ行っているのでしょうか。

ゴミ処理場なんて宇宙にはありません。燃やすこともできないし。。

これら行く宛もなく宇宙空間を彷徨うものが、宇宙ゴミと言われます。

1cmゴミでも舐めたらアカン。7.9km/sの弾丸!

地球の引力で、周回し続けるデブリたち。

高校の時に習う第一宇宙速度は、秒速7.9kmですね。

勉強なんて忘れた、知らない人はこちら

万有引力の公式に当てはめると、たとえ1cmのゴミでも、時速60kmの車にぶつかるくらいのエネルギーと同じです!

…当たったら貫通しますね。もはやピストルの弾です。

しかもそれ以上のデブリが、地球の周りには75万個以上あると言われています。

やばくね?

とはいえ、問題なし!w

ここで慌てる必要はないです。

たとえば、地球が平らで1cmのゴミが75万個あって秒速8kmで動いていたら、どうでしょう。

感覚的に当たら無さそうでしょう?

もちろん衝突したら大変ですが、まず出会うことすら無さそうですね。

よくメディアでは、「宇宙ゴミ大量=人類は宇宙に不法投棄」みたいに煽ってますけど、(タイトルも釣りですw)

ちゃんと考えれば、まだまだガラガラです。

しかも宇宙は平らでなく高さがあるので、ゴミがすれ違ってもより大丈夫なんです。

@NASA

ちなみに軽く計算すると、

ISS(国際宇宙ステーション)の軌道は高度400kmで、デブリの密度は2*10^(-9)/km^2となります。

相対速度が大事なのですが、簡単にISSは動いておりデブリは静止しているとします。

ISSは地球1周90分ですから、軌道体積は2.2*10^3km^3となります。

ロリポップ!レンタルサーバー

したがって、衝突する確率は5*10^(-6)個/年となります。

ISSでさえ、一年に1個も当たりません。2万年に1個ですね。w

宇宙ゴミをなくすミッションを持った企業もある

まさかと思いました。

確かにゴミが増えると、今後問題になってくる。

けど、もう企業があるんかい!絶対需要少ないよ!って。

世界でただ1社、宇宙ゴミに挑むベンチャーがあります。

しかも日本に。

アストロスケールです。

https://astroscale.com/

こういう重箱の隅をつくようなビジネスは、日本が最先端でしょう。

ごとーは人のビジネスにとやかく言いたくなく、行動している人は全員応援しています。

ちなみにこんな事業構想もあります。

これは、JAXAが実験中の宇宙ゴミ除去の動画。

川崎重工が東京海上・三井物産と宇宙ごみ除去の事業化に向けた協業に合意

これは、川崎重工が宇宙ゴミ除去を事業化しようとする記事。

宇宙ゴミを調べたまとめ

今回は、ゴミについて調べました。

危ないけど、確率が低いものであるって分かって不思議な感覚ですが、何処にでもビジネスがあるんだと思いました。w

やはり、起業するにはビジネスモデルも大事ですが、ミッションとビジョンとパッションですね。

むしろ今後宇宙ゴミは絶対増えてくるので、知見とビジネスの先見性が素晴らしいなとも思いました。

ごとーもとりあえず、なんか空に飛ばしてみようw

飛ばしすぎると、いろいろ法律があって免許も必要みたい?なんで、

そこらへんも今後記事にしていこうと思います!

Have a great life!

CodeCamp

ポチッとお願いします!

シェアお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です