宇宙で酔いたくないけど、対処法とかあるの?

LINE証券

CodeCamp

ごとーは乗り物酔いしやすいタイプなんですが、ふとあることに気づいたのです。

無重力ってなんか酔いやすそう…(泣)

PSVR】酔い止め薬必須!? 頭痛と吐き気が酷いと話題に!: 爆NEWゲーム速報

パソコン椅子でぐるぐる回ったり、遊園地のバイキングとかもすぐ酔ってしまいます。

最近では、VRをやってもダメでした…

VR酔い・3D酔いのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

もしかしたら宇宙でもすぐ酔ってしまうのではないか?

というか、前後左右上下の回転が無重力によっておこりますからほぼ100%酔うと思います。笑

もし夢がかなって宇宙へ行けたとしても、気持ち悪くて何も見れなかったなんて嫌です。

ということで今回は、酔いやすい人も宇宙へ行けた時に「酔わないためにはどうすればいいか?」を調べたので、共有したいと思います!

「宇宙酔い」は存在した!

そもそも宇宙では、めちゃめちゃ酔うみたいです。

調べてすぐ出てきたので、かなりショックでした。笑

宇宙酔い(うちゅうよい)とは、宇宙飛行士宇宙空間の無重力状態において約半数の確率で引き起こす身体症状。
めまい嘔吐、食欲減退など、症状乗り物酔いに似ているが、酔い止め薬は効きにくい。人が微小重力~無重力空間に入った後から数時間の内に起こり、その状態が数日(3 – 5日程度)続く。1週間もすると多くの宇宙飛行士は回復する[1]

wikiより

へー、薬は効かなくて酔いが数日続くんだ〜。。。

って、拷問かよ!!!(;O;)

人や動物によるらしいですし、地球上の乗り物酔いしやすいタイプでも、宇宙酔いにはならなかった例もあるらしく、原因は謎に包まれています。

酔うための3要素

そもそも酔いとは、自分の体の位置が実際と脳の処理が異なるときに、起こります。

  • 目からの情報
  • 耳の奥の方にある前庭器官で感じる情報
  • 深部感覚という筋肉の張り方やそこへの圧迫などの情報



このうち耳の器官で感じる情報と筋肉への情報の2つが、重力と関係していると言われている。

重力って酔うことにもかかわってくるもんなんですねw

高山病とVR酔いの合わせた症状が似ている!

嘔吐・吐き気・頭痛など、宇宙酔いの症状は辛い。

ただ、数日たてば多くの人は症状が収まるという。

これが高山病と似ている。

高山病も、数日経つと空気が薄いことに体が慣れ始めることで、吐き気もなくなっていく。



宇宙酔いも、数日経つと無重力による位置感覚のずれに慣れ、酔いが覚めるらしい。

VR酔いはまさに景色と実際の体の位置ずれが起きて、脳が錯覚することで酔う。

目からの情報だけでも、酔ってしまうのです。

薬でもあんまり効かない!

地球上では、酔ってしまったら酔う環境(乗り物から降りるなど)から脱し、きれいな空気を吸うなど深呼吸します。

ただ、宇宙では無重力の環境からは逃げられません。

薬も同じ環境がつづくのでは、効果は半減します。

薬はあくまで、吐き気や頭痛に近い神経を麻痺させるものなので、時間が経てば効果がなくなり、根本原因である無重力にいる限りはまた酔い始めるのです。

もし吐いちゃったら…?



気になりますね。

ロケット内部で吐きそうになったら、まず袋を用意しましょう。(地球と同じ)

アルコール感受性遺伝子分析キットで、健康障害リスク早めの対策!

そのあと汚い話、ゲボも無重力なので袋を迎えに行かなければいけません。

口を完全に囲いタオルで口を拭うように袋でキャッチしてください。

もし地球と同じように待っていると大変な目にあいます。。。

「宇宙酔いにならない」訓練法がある!?

宇宙飛行士自身が、心拍数や呼吸をはじめ、体の自律神経の反応について学び、自身で調整することができれば酔いを制御、または緩和できるのではないかと考えた。そこから「抗動揺病トレーニング」と呼ばれる訓練法を開発された。

https://www.discoverychannel.jp/0000091778/

この記事を見てほしい。

やはり宇宙飛行士の中でも、宇宙酔いは何とかしたいという想いがあるのでしょう。

トレーニングによって自分の神経を操ろうというものがあるみたいですね。

いくつか紹介するのでやってみましょう。

ロリポップ!レンタルサーバー

平均台・トランポリンで刺激に慣れよう

トランポリンで飛ぶ女の子のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

三半規管や平衡感覚を鍛えることは、少なからず酔い防止に繋がります。

自分の体にいろいろな方向刺激を与えてみましょう。



回転車椅子運動で慣らそう

オフィスチェアのイラスト(椅子) | かわいいフリー素材集 いらすとや

オフィスにある回転椅子に乗って、くるくる回るというもの。



定番ですが、ごとーはこれも気持ち悪くなってしまいます。。。

めまい体操をしよう

これは、酔い防止ではなく酔ったときのめまいや頭痛防止になります。

酔ってもひどくなりにくいというものですね。



後頭下筋群(こうとうかきんぐん)をほぐそう

後頭下筋群とは、首と頭の境目にある筋肉群。

ここが固くなると頭を細かく動かすことができなくなるため、目に負担がかかり、目の疲れや頭痛などが起こりやすくなります。

Wikiより

ごとーは偏頭痛持ちなので、しょっちゅうここをほぐしています。



と言いつつあまり意味ない!?

長年この「抗動揺病トレーニング」は宇宙飛行士の訓練の間で取り入れられてきました。

しかし、近年そのトレーニングは宇宙空間ではほぼ意味のないという論文もでてきています。

現在では、結局薬を服用して酔いを抑える方法が一般的なようです。(なんやねんw)

…それでもごとーは、酔いたくないので鍛えておきますw

帰ってきた後の心配も不要!!

宇宙酔いの悪いところは、行きだけではありません。

なんと地球に帰ってきてからも「脳が重力を忘れている」ので「酔う」というのです!

地球酔いです。w

でも心配いりません。

地球には病院もありますし、脳はすぐに学習し直してくれます。

24時間以内に脳の70パーセントが回復し、2週間以上が経過すると98パーセントくらいまで元の状態に戻るといいます。

…それでも数日は宇宙へ行ったときと同じように酔うかもしれませんね。^^



アルコールの酔いとは全く別です!

今回とりあげた「宇宙酔い」はお酒の酔う感覚とは全く違います。

自律神経が関わっているのは同じなのですが、アルコールの酔いは分解する時に発生するアセトアルデヒドが血中に流れることで起こります。

一方で「宇宙酔い」は視覚や脳の錯覚によって起こる酔いなので、物理的な成分による影響は何もありません。

ごとーはアルコールも激弱なんで、あれなんですけどね。笑



もしお酒が強くなりたい!酔いにくくなりたい!なら、こちらのサプリやウコンがいいかもしれません。



アルコール感受性遺伝子分析キットで、健康障害リスク早めの対策!

改めて宇宙は過酷だった…

今回の記事はこれで終わりです。

酔う環境から逃げられないであったり、何日もつづく酔いは中々厳しいものがあります。

しかも長期滞在してしまうと、地球に帰ってきてからも宇宙酔いの後遺症があります。

これは、ビジネスする事を考えるとマイナスなので、やはりサブオービタルのように数分〜数時間で行って帰ってくるツアーの方が体の負担も少なくていいかもしれませんね。

タメになったと思ったら、リツイートとコメントお願いします!

Have a great life!

CodeCamp

ポチッとお願いします!

シェアお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です